英語脳の作り方

英語脳の作り方【日本にいながら手に入れる最速最強の方法】

英語脳とは?

 

英語を日本語に変換することなくそのまま理解する能力

 

私を含め多くの英語のプロがこのように「英語脳」を定義しています。

 

これから英語脳の作り方について私が説明をさせていただきますが、
その前に私が誰なのか簡単に自己紹介をさせてください。

 

私は現在、小さな英語学校ではありますが英語講師をしています。

 

その英語力を資格などで表せばTOEICで860点、英検は準1級です。
英検は1級に挑戦をしていますが、まだ合格はできていません。

 

TOEIC

 

英検

 

こんな私ですが、もともと英語ができたわけではありません。

 

英語の勉強を始めたのは25歳になってからで、大学は英語とは無関係の工学部出身です。

 

英語脳というものを知る前は大学受験のようにひたすら書く、暗記するという苦しい英語の勉強をしていました。

 

そして、ある一定のところでそれ以上英語力がつかなくなったのを痛感しました。

 

なんとかこの壁をこえようと英語の勉強法について書かれたたくさんの本を読みました。

 

英語の勉強本

 

その中でなぜ日本人が英語が苦手なのか、自分のように壁にぶつかるのかという理由が分かりました。

 

その理由は・・・

 

「日本語と英語とでは音の周波数が違うから」

 

だから日本人は英語の音を理解できないということでした。

 

この英語の周波数の音を知っている脳のことを英語脳と言います。

 

日本語と英語の周波数の違い

 

日本語と英語とでは音が存在する周波数が上の図のように異なります。

 

そのため日本人は英語が聞きとれない、脳に入らない、理解できていないのです。

 

逆を言えば、英語の音の周波数を脳が知っていれば、耳を傾けて英語を聞こうともせず英語を聞きとれたり、英語を日本語に変換することなく英語のまま理解できるようになります。

 

ではどうすれば英語の音の周波数を脳に教えることができるのでしょうか。

 

私が読んだ書籍にはもちろんその解決方法が書かれていました。

 

その方法は、「脳を英語の音に慣れさせること」でした。

 

では一体どうやって?

 

その答えは・・・

 

「長期間、海外の英語しかない環境で生活をすること」でした。

 

海外

 

そんなの誰もが海外で生活ができない理由があって日本にいるのだから無理ですよね(汗)

 

何か日本にいながら英語脳を作る方法はないのかと思い、

 

総額30万円以上をつかって英語脳を作ることができそうな教材を全部買ってみました。

 

※以下で紹介する教材の金額は総額で表記しています。

 

スピードラーニング 約16万円

スピードラーニング

 

お馴染みの「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という英会話教材です。
内容は日常英会話を聞き流していくという王道的なものでした。
このような内容ゆえに、英語脳を作ることではなく、リスニングに効果のある教材でした。

 

エブリデイイングリッシュ 29,800円

エブリデイイングリッシュ

 

エブリデイイングリッシュの内容は上述のスピードラーニングととても似ています。
日常的な英会話を聞き流してリスニングを鍛え上げていく教材です。
耳を鍛えるという意味では良いですが、英語脳を作る効果までは感じられませんでした。

 

30日間英語脳育成プログラム 55,500円

30日間英語脳育成プログラム

 

名前が名前なだけにこれなら英語脳の作り方を学べると期待したのですが一般的な英会話教材でした。
英会話を聞いてシャドウイングとディクテーションをしましょうという内容でした。
英語脳を作るというよりも、実践的な英会話に効果のある教材です。

 

*シャドウイング・・聞いた英語音声を真似して追いかけるように話すこと
*ディクテーション・・聞いた英語音声を聞いたまま紙に書き出すこと

 

1000時間ヒアリングマラソン 53,784円

1000時間ヒアリングマラソン

 

英語をシャワーのように聞いて英語に強くなろうという教材でした。
英語のラジオを聞いていると表現するとピッタリな内容で、リスニングへの高い効果が期待できます。
ただタイトルから分かるように1000時間です。
時間の面で許容できる人とそうでない人に分かれそうです。

 

スーパーエルマー 59,184円

スーパーエルマー

 

ひたすら速いスピードに加工した英語音声を聞き続けるという教材でした。
速い英語音声はリスニング強化に効果的にも感じますが、機械で加工して速くしただけの英語音声ではアクセントやリズムが死んでしまうのが問題点です。
試験のような英語に高い効果を発揮するので、TOEICなどで高得点を目指す人などには最適だと感じました。

 

リスニングパワー 14,800円

リスニングパワー

 

この教材が英語脳を作るという意味で一番効果がありました。
この教材自体が英語脳を作ることを目的に作られたものでした。

 

スコット・ペリー氏というアメリカ人の言語学者が日本人のために作った特別な教材です。
その効果の高さが認められ、東京大学やSONY、Yahoo!、Canonなどでの導入実績があります。

 

リスニングパワーの実績

 

方法はとても簡単で、英語の音に慣れるための特殊なサウンドをただ聞くだけでした。
この特殊なサウンドは日本語の音の周波数(高さ)とは違う、英語の音の周波数(高さ)のものです。
英語の音をキャッチできる英語脳を作るための特別な音で、リスニングパワーでしか聞くことのできないものです。
目安として1日20分程度の使用でおよそ1〜2ヶ月で英語の音を敏感にキャッチする脳回路を作ることができます。

 

なぜか英語の音がゆっくり聞こえるようになり、日本語を介すことなく英語を英語として聞いている感覚が身につきました。

 

毎年8,000本以上が売れていて、累計では5万本以上の販売実績があるようです。

 

リスニングパワーの公式通販サイト

 

リスニングパワー